CHECK

長く続けられる憧れの専門職!歯科衛生士の役立つ知識やニーズが高まっている理由を紹介!

このサイトでは、昨今幅広い年代に注目されている職業「歯科衛生士」について解説をしていきます。
日本では1985年に新しく厚生省によって設けられた国家資格です。
口腔ケアに特化した知識と技術を有するスペシャリストで、特に女性に高い支持を受けてるのが特徴です。
昨今では国内ではオーラルケアに対する認識が高まっており、それに比例をするかたちでこのお仕事のニーズも増加しています。
ここではその理由を見ていくことにしましょう。

長く続けられる憧れの専門職!歯科衛生士の役立つ知識やニーズが高まっている理由を紹介!

歯科衛生士は口腔ケアに特化をしているスペシャリストで、専門医以上に豊富なオーラルケアの正しいおこない方の知識も有されています。
虫歯が出来にくい口腔環境、歯並びの良し悪しに関する知識はオーラルケアを重んじる現在では非常に高いニーズが生まれるわけです。
歯科衛生士は国家資格であり、長い期間第一線で活躍をすることもできます。
手に職を持ちたいという方には、理想的な資格といえるでしょう。
ニーズがあることで就職活動もしやすいものです。

歯科衛生士に必要な知識や技術は養成学校で二年以上の履修で習得可能!

歯科医師の診察や治療の補助をしたり、患者さんのカルテ管理や会計などの業務を担当する歯科衛生士。
歯科衛生士として働くためには、歯科衛生に関する専門知識や専門技術を身につけておく必要があります。
必要な知識や技術を身につけるためには、養成学校へ通わなくてはなりません。
養成学校は、専門学校や短期大学などがあります。
大学の歯学部で学ぶという方法もあります。
ただ、大学に進学した場合は卒業までの時間がかかってしまいます。
できるだけ短期間で資格を取得したいのであれば、専門学校や短期大学の方がおすすめです。
専門学校や短期大学ならば、2年程度で卒業可能です。
養成学校で学ぶ内容は、口腔生理学や歯科東洋医学や歯周病学など多岐にわたります。
そのほかに臨地実習もあります。
朝から夕方までスケジュールがみっちりとつまっているため、しっかりと勉強しなくてはなりません。
養成学校でしっかり学んで国家試験を受けて合格すれば、歯科衛生士として働けるようになります。

歯科衛生士の給料は結婚や出産後も安定収入が期待できる!

歯科衛生士の仕事をしていきたい方が結構いるかと思われます。
歯医者の数がかなり多く求人が増えているので、就職することは難しくないです。
求人が多くあることに加えて、安定収入が得られることも魅力になります。
平均給料は350万円から400万円ですし、結婚や出産してからも働き続けることができるため人気が高い仕事です。
結婚や出産をしてしまうと辞めなければいけなくなる仕事が少なくありませんが、歯科衛生士であれば家庭の事情も配慮してくれるので安心です。
子供が病気になった際は早退できるところが多いですし、休日に関しても柔軟に対応してもらえます。
ただ、給料だけで歯科衛生士になろうとするべきではないです。
高いスキルが求められるので、スキルが不十分な人はトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
歯科衛生士も歯科医師の助手として治療を行う場面があるので、安易に考えて目指すのは絶対にダメです。
職場の同僚や患者などに迷惑をかけないように、高いスキルを身につける努力が必要です。

歯科衛生士の転職事情は求人倍率が高いため日本全国需要が高く仕事に困ることがない!

安定した仕事をしたいと考えている方には、歯科衛生士がおすすめです。
新卒求職者の求人倍率が20倍を超えているので、働く場所がなくて困るということはないので安心です。
20倍なので離職者が多いなど何か理由があるのではと思うかもしれませんが、多くの歯医者で予防や口腔ケアに力を入れていて歯科衛生士が不足していることが要因になります。
一度国家資格を取得してしまえば、長く働き続けることができますし、景気に左右されない仕事であることも魅力です。
新卒者だけでなく、転職者の求人倍率も高いです。
高いスキルを持っていれば即戦力として採用してもらえるため、高い収入が期待できます。
ただ、高収入が期待できる歯医者は多くの人が狙っているので、しっかり面接対策を講じないといけません。
自己PRや志望動機、長所・短所など基本的な質問は問題なく答えられるように準備しておく必要があります。
資格を持っているからと安易に考えていると、後悔することになります。

歯科衛生士は国家資格を最大限に生かし国民の健康や福祉の増進などにも尽力できる

歯科衛生士は歯科医師が行う、患者の診療のサポートを行うのが歯科医院での主な業務です。
その他にも患者の歯や歯肉の状態を治療前にチェックしたり、歯垢の除去や虫歯予防の為の薬の塗布などを行い予防治療に努めることも業務の範囲です。
また治療に使用する器材や患者のカルテの適切な管理など、歯科医師の負担軽減に大いに役立つ業務も担っています。
歯科衛生士になる為には専門学校や短期大学や大学などの専門の養成機関で、歯科治療や体の構造について知識を学び技術力を習得する必要があります。
養成機関を卒業後国家資格である試験に合格することで、初めて歯科衛生士として働くことが出来ます。
歯科医院での業務だけではなく予防歯科治療を行う為に、学校や福祉施設や企業などで保健指導を行い国民の健康的な口内環境づくりに関わることも業務内容の1つです。
国家資格で生涯続けることが出来ると人気の職種であり、これから益々需要が高まる職種の1つであると言えます。

歯科衛生士に関する情報サイト
歯科衛生士を目指そう

このサイトでは、昨今幅広い年代に注目されている職業「歯科衛生士」について解説をしていきます。日本では1985年に新しく厚生省によって設けられた国家資格です。口腔ケアに特化した知識と技術を有するスペシャリストで、特に女性に高い支持を受けてるのが特徴です。昨今では国内ではオーラルケアに対する認識が高まっており、それに比例をするかたちでこのお仕事のニーズも増加しています。ここではその理由を見ていくことにしましょう。

Search